ホーム > 社会人学習講座 > 会計力から戦略思考を学ぶ

会計力から戦略思考を学ぶ

会計の思考法から見えるもの

 

概要

この講義の目的は、財務諸表の基本的な構成要素、読み方、考え方を学び、皆さんに『戦略思考』を身に着けてもらうことにあります。会計力とは、会計処理方法を修得し、財務諸表から企業状況を的確に判断できる能力です。会計力を高めることで、事業体の状況を貨幣情報により可視化して考えられるようになります。貨幣情報に定性的な情報を加えれば、会計力を戦略的に活用することが可能になります。
大学で学んだ簿記、会計は抽象的な概念説明ばかりで、「?」となった方が多いと思います。専門学校で学ぶ会計学は、資格取得には最適ですが、取得後の継続的な学習(活用方法)を意識させることはあまりありません。この講義の中でグループディスカッション、ケース分析を行いながら、会計力を戦略思考(実践的な思考)に結びつける能力を身につけましょう。
*難しい計算は行いませんが、基本的な会計処理なども行うので電卓をご持参ください
*前提知識は求めませんが、簿記を少しでも勉強したことがあるという方はより理解が深まるでしょう。そうでない方は今後の学習に役立つ形になるでしょう。

※お申込み締切日を延長して、募集を継続しております。定員に達し次第、締め切らせていただきますので、参加をご希望される場合はお早めにお申込みください。

 

第1回
2018年06月25日(月) 18:30 ~ 21:00

会計力を戦略思考に活かす~『もの』の評価方法は?国際会計基準(IFRS)の適用はなぜ拡大している?
講師:上野 雄史

第2回
2018年07月02日(月) 18:30 ~ 21:00

財務諸表を読み解く~企業は安定利益志向?M&Aの会計から何を読み解ける?~
講師:上野 雄史

講師紹介

氏名上野 雄史  静岡県立大学経営情報学部准教授
講師紹介専門分野は、財務会計、国際会計、経営分析。最近の著作としては、「生命保険会社の海外事業展開とその課題 : M&Aの財務リスクの視点から」『生命保険論集』 (201), 133-154, 2017年12月。 単著「IFRS17「保険契約」適用後の保険会社のディスクロージャー」『保険学雑誌』(638), 107-124, 2017年9月。 保険学雑誌(629), 31-46, 2015年6月がある。

開催に関するお申し込み

会場B-nest(ビネスト)静岡市産学交流センター 小会議室1
受講料5,880円
申込締切2018年06月15日(金)
※この講座は終了しました。多数のお問合せ、お申込みありがとうございました。

お問い合わせ・お申し込み

ここをクリックして、お申し込みフォームを開く
 

※右のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX・郵送・電子メールにてお申込みいただくことも可能です。

お申し込みpdf形式 お申し込みword形式

tel:054-264-5400 FAX:054-264-5402

E-mail:crms(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

静岡県立大学経営情報学部大学院経営情報イノベーション研究科