ホーム > 社会人学習講座 > 海外機関投資家に操られるアベノミクス

海外機関投資家に操られるアベノミクス

~よくわかる日本企業の強みと弱点~

 

概要

日本の株式市場を牛耳る海外機関投資家とは一体何者なのでしょう?「コーポレート・ガバナンス改革」や「効率経営」の名のもとに、あたかも海外機関投資家が日本企業の体質を改善しているように報道されていますが、メディアも企業側も彼らの正体と本当の意図はわかっているのでしょうか?
製造業における日本型ガバナンスの変更を強要するのは日本の競争力を弱めることにつながります。優良・善良な海外機関投資家は実はそのようなことは望んでいません。
このセッションでは参加者の皆様と対話型の意見交換をし、皆様と共に考えていきます。昨今の「改善には企業統治の改革ありき」の報道に疑問を感じられている方、過度な日本悲観論はもう聞き飽きた方、日本企業の真の強さを再確認したい方々にぜひ参加していただきたいセッションです。

 

第1回
2015年07月18日(土) 13:00 ~ 13:45

海外機関投資家の本当の姿
講師:竹下誠二郎

第2回
2015年07月18日(土) 13:45 ~ 14:30

海外機関投資家に操られるアベノミクス
講師:竹下誠二郎

第3回
2015年07月18日(土) 14:30 ~ 15:15

侵される日本企業の競争力
講師:竹下誠二郎

第4回
2015年07月18日(土) 15:15 ~ 16:00

抵抗と反発:優良海外機関投資家が高く評価する日本企業
講師:竹下誠二郎

講師紹介

氏名竹下誠二郎  静岡県立大学経営情報学部教授
講師紹介ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院MBA課程修了、ロンドン大学バークベック校経営学博士課程修了。24年間、ロンドンの金融街にて勤務。英国BBC放送などをはじめとしたテレビ番組や寄稿、講演などにも積極的に活動。みずほインターナショナル(英国)・ディレクター等を経て、2015年4月より現職。日本型経営システムにて欧米型ガバナンスとの融合が可能な領域をみつけ、日本企業のイノベーションへの取り組みを広げる研究を目指す。

開催に関するお申し込み

会場静岡市葵区呉服町2丁目1‐5 5風来館8階 呉服町商店街スルガ銀行静岡支店上
受講料3,920円   
申込締切2015年07月09日(木)
※この講座は終了しました。多数のお問合せ、お申込みありがとうございました。

お問い合わせ・お申し込み

ここをクリックして、お申し込みフォームを開く
 

※右のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX・郵送・電子メールにてお申込みいただくことも可能です。

お申し込みpdf形式 お申し込みword形式

tel:054-264-5400 FAX:054-264-5402

E-mail:crms(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

静岡県立大学経営情報学部大学院経営情報イノベーション研究科