ホーム > 社会人学習講座 > データから読み解く消費者心理・食品マーケティングの実際

データから読み解く消費者心理・食品マーケティングの実際

なぜ、お母さんは料理をつくるのか

 

概要

我々の「食」を取り巻く消費者心理に焦点を当てて、データを読み解きながら、昨今の日本の食卓について考えてみたいと思います。本講座は、2部構成で開講する予定です。
まず第1部では、科学的に「こころ」にアプローチする方法について、心理学研究を手掛かりに、そのエッセンスをご紹介します。基礎研究者の視点から、消費者心理学の研究手法について、考える場を設けます。
 続く第2部では、国内の食品会社でマーケティング・リサーチに長年携わったご経験について、話題提供者である高垣氏にお話しいただきます。食品・飲料の開発など実践的な視点から、食品マーケティングのリサーチのノウハウについて、ご紹介いただく予定です。
 2部ともに、実際の消費者研究データを取り上げます。最後に、フロアとのディスカッションの場を設ける予定にしております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

第1回
2017年01月28日(土) 14:00 ~ 14:45

科学的に「こころ」にアプローチするために
講師:山﨑 真理子

第2回
2017年01月28日(土) 14:45 ~ 16:15

なぜ、お母さんは料理をつくるのか-家庭内食の変化・飽きない食べ物-
講師:高垣 敦郎

講師紹介

氏名山﨑 真理子  静岡県立大学経営情報学部講師
講師紹介専門は(社会)心理学。主な研究テーマは、食行動・消費者行動。同志社大学こころの生涯発達研究センター・研究員、京都橘大学健康科学部・助教を経て現職。
氏名高垣 敦郎  サーチクリエイション代表 
講師紹介サーチクリエイション代表 桜美林大学ビジネスマネジメント学群非常勤講師(消費者心理) 株式会社インテージ顧問 元・ハウス食品 生活研究センター所長 

開催に関するお申し込み

会場B-nest(ビネスト)静岡市産学交流センター 大会議室
受講料2,940円
申込締切2017年01月23日(月)
※この講座は終了しました。多数のお問合せ、お申込みありがとうございました。

お問い合わせ・お申し込み

ここをクリックして、お申し込みフォームを開く
 

※右のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX・郵送・電子メールにてお申込みいただくことも可能です。

お申し込みpdf形式 お申し込みword形式

tel:054-264-5400 FAX:054-264-5402

E-mail:crms(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp

静岡県立大学経営情報学部大学院経営情報イノベーション研究科

平成29年度ビジネスセミナー