ホーム > 社会人学習講座 > 【オンライン講座】事業承継とレジリエンス

【オンライン講座】事業承継とレジリエンス

 

概要

 企業の長期的な存続には、経営環境への適応が不可欠です。経営環境の変化には、顧客ニーズの変化、経済恐慌、技術革新、地震や感染症(コロナショック含む)など多様な種類が存在します。環境変化は、企業にとって従来の慣習や経験が通用しない経営危機を生み出し、企業の存続を難しくさせる最大の要因となります。
 本講座では、環境変化に伴う経営危機を、事業転換やイノベーションに挑戦することで乗り越えていく事業承継者のレジリエンス力について取り上げます。京都伏見の吉村酒造株式会社(嘉永四年創業)の吉村正裕会長をお招きし、同社の承継と事業転換の事例に基づいて、参加者の皆様とともに考察を深めたいと思います。

【対象・おすすめの方】事業承継の当事者や支援者、また当該分野に関心がある皆様

【定員】20名程度

 

第1回
2021年08月21日(土) 09:30 ~ 10:15

事業承継者に求められるレジリエンスの力 
講師:落合 康裕

第2回
2021年08月21日(土) 10:20 ~ 11:05

危機を突破した老舗6代目の体験記(事業承継と事業転換)
講師:吉村 正裕

第3回
2021年08月21日(土) 11:15 ~ 12:00

対談(承継者のレジリエンス力をいかに養成するか)
講師:落合 康裕/吉村 正裕

講師紹介

氏名落合 康裕(おちあい やすひろ)  静岡県立大学経営情報学部教授 博士(経営学) 事業承継学会常務理事、ファミリービジネス学会常任理事、富士市工業振興会議委員
講師紹介現在、企業の事業承継について経営学の観点から研究を行う。2017 年に『事業承継のジレンマ』にて、ファミリービジネス学会賞、実践経営学会名東賞を受賞。その他、『事業承継の経営学:企業はいかに後継者を育成するか』、『ファミリービジネス白書2015年度版:100年経営をめざして』、『ファミリービジネス白書2018年度版:100年経営とガバナンス』など多数。
氏名吉村 正裕(よしむら まさひろ)  株式会社サイバーアシスト代表取締役社長、 吉村酒造株式会社 代表取締役会長
講師紹介1972年、京都市生まれ。東海大学開発工学部を卒業後、国税庁醸造研究所を経て1997年に実家の吉村酒造㈱に入社。2001年に同社社長に就任し巨額負債を2年で完済。2005年第二創業として㈱サイバーアシストを設立。現在は全国の公的機関や私立大を中心に年間100本の講演を行うほか、中小機構のアドバイザーや、大阪産業局の専門家、京都商工会議所の専門家なども務める。事業承継学会員。

開講情報

会場※ご自宅などから、PCやスマートデバイスなどを使って聴講してください。 お申込み手続き完了後、Zoomのアクセス用ID・パスワード等をメールで連絡いたします。
受講料2,940円
開講日等 2021年08月21日(土)09:30〜12:00
(計2時間15分)
申込締切2021年08月09日(月)

お問い合わせ・お申し込み

ここをクリックして、お申し込みフォームを開く
 

※右のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX・郵送・電子メールにてお申込みいただくことも可能です。

お申し込みpdf形式 お申し込みword形式

tel:054-264-5400 FAX:054-264-5402

E-mail:crms (ここに@を入れてください) u-shizuoka-ken.ac.jp

静岡県立大学経営情報学部大学院経営情報イノベーション研究科