ホーム > 社会人学習講座 > 【オンライン講座】職場の経営学①これからのビジネスとダイバーシティ&インクルージョン

【オンライン講座】職場の経営学①これからのビジネスとダイバーシティ&インクルージョン

 

概要

 日本社会は、これからも今後も、どんどん人口が減っていきます。こうした人口減少社会では、いろんな人が無理なく働ける職場でなければ人を確保することが難しくなります。その代表的な例が、子育てや介護と仕事の両立です。
 本講座では、人材の多様化が進む職場において、どのように多様性(ダイバーシティ)を捉え、職場をマネジメントしていけばよいのか、最新の研究の知見と、考え方のヒントを提供します。ダイバーシティ問題の代表例である、女性の管理職をどのように増やせばよいのか?どのように育成すればよいのか?についても説明します。
※職場の経営学①②は2部構成となっていますが、単独の受講も可能です。本講座は第1回です。

【対象・おすすめの方】 経営者や管理職、人事部など、職場の管理に携わる人はもちろんのこと、働く全ての方にお勧めです。

【定員】20名程度

 

第1回
2022年09月10日(土) 09:00 ~ 10:30

講義+質疑応答
講師:国保 祥子

講師紹介

氏名国保 祥子(こくぼ あきこ)  静岡県立大学経営情報学部准教授
講師紹介博士(経営学),Ph.D. in Business Administration。静岡県立大学経営情報学部准教授。慶應義塾大学総合政策学部講師(非常勤)/株式会社ワークシフト研究所所長。厚生労働省イクメンプロジェクト推進委員(2017年~)、内閣府男女共同参画推進連携会議議員(2019年~)、静岡県男女共同参画会議委員(2021年~)。専門は組織管理論、組織行動論。外資系企業でのコンサルティング経験を経て、慶應ビジネススクール在籍中から企業や行政機関のリーダー育成や管理人材育成に携わり、研究に基づいた人材育成プログラムデザインの経験を多く持つ。2011年、教育現場と地域社会の断絶に対する問題意識からゼミ生と立ち上げたKOKULABOフューチャーセンターは2019年にグッドデザイン賞を受賞。2014年、長女の育休期間中に育休者向けの勉強会「育休プチMBA®」を立ち上げ、2015年には株式会社ワークシフト研究所(静岡県立大学認定ベンチャー第4号)を共同設立。著書の『働く女子のキャリア格差』(筑摩書房,2018)は日経新聞の書評欄で5つ星と評価される。

開講情報

会場※ご自宅などから、PCやスマートデバイスなどを使って聴講してください。 お申込み手続き完了後、Zoomのアクセス用ID・パスワード等をメールで連絡いたします。
受講料1,960円
開講日等 2022年09月10日(土)09:00〜10:30
1時間30分
申込締切2022年08月31日(水)

お問い合わせ・お申し込み

ここをクリックして、お申し込みフォームを開く
 

※右のリンクから申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX・郵送・電子メールにてお申込みいただくことも可能です。

お申し込みpdf形式 お申し込みword形式

tel:054-264-5400 FAX:054-264-5402

E-mail:crms (ここに@を入れてください) u-shizuoka-ken.ac.jp

静岡県立大学経営情報学部大学院経営情報イノベーション研究科